2015年03月29日

さらばiPhone 固定費削減の切り札 格安スマホへ切替え

こんばんは。たかしゅんパパです。
固定費を下げる項目は、ひとそれぞれだと思いますが、だいたい行きつく先は以下に絞られます。
・人生最大の買い物 住宅購入。そのローン
・生命保険をはじめとした、保険
・子供がいれば、教育費用。生涯学習の時代なので、最近では自分も対象
・クルマの購入。そのローン。
・生きている間に必ずほぼ全員が発生する、公共料金。電気、ガス、水道、電話料金。

一度にすべてをチェックし、取り掛かれる家庭もあるかもしれませんが、そんなスーパーマンは
ほとんどいません。我が家も同じです。
そこで、いくつか実践してきた我が家の場合を1つ紹介していきたいと思います。
公共料金の1つ。電話料金。
我が家にもスマートフォン(略してスマホ)があります。
iPhoneをメインに使っていますが、この2年間でみると月平均約7000円になります。
これって、大きいんですよね。
1年間で約8万5千円。 我が家の場合は、既に3年を経過してました。
10年間で85万円。
2台あれば170万円。
4人家族で4台持てば340万円。
さすがに4人家族で4台持つことは無いだろうと思ってましたら、実際身近にいました。
だから、我が家だけに当てはまる話だけでないと感じました。

これが格安スマホになったら大きく費用が下がります。
それを追って説明していきたいと思います。
posted by たかしゅんのサラリーマンパパ at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常の節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

保険の見直し こんなことがあるんだ

こんばんは。たかしゅんパパです。

長年、生命保険で、担当をしてくれている人が変わり、後任の方が挨拶に来られました。
と同時に、保険の契約も行政の指導が入ったりで、新たに署名(サイン)が必要となり、
ちょうどタイミングが良かった(といっても当初予定よりも半年遅れ)ので、先日
会うことになった次第です。

昔の保険は昔の保険として、新たな保険に切り替える、という怪しい保険やさんの手口も
気を付けなければなりませんが、そうではない保険やさんもたくさんおります。
(信用が無くなれば会社への打撃になるので、嘘ばかりなんてことは決してありません)

その中でビックリしたのは、保険の内容が少々変更になって、多少手厚くなったのに、
料金が下がったこと
(ここでは詳しく書けませんのでご了承ください)。

お得感を出すというよりも、法律のおかげなのかな。
それとも、保険業界のサービス競争のおかげなのかな。

いずれにしても、ふだん何気に入っている保険の内容を今一度重い出すことは勿論ですが、
それよりも、最新情報を聞いて、今の時代に適しているものにバージョンアップ
されている可能性もあるので、保険やさんからの連絡を待たず、こちらから押しかけて
聞き出すくらいのことをしても良いかもしれません。

そんなことを思った保険やさんとの交渉でした。
posted by たかしゅんのサラリーマンパパ at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常の節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

時間をお金で買うこと

こんばんは。たかしゅんパパです。

昨日は家族で思い出作りのためドライブへ。
我が家では年に5回を目標に、お出かけ計画をしていますが、子供の成長に従い、
特に中学生になると塾や部活も頻繁になってくるため、週末の時間がますます
とれなくなっています。
それでも、子育ての時間は人生の中で20年足らず。無駄にしてはいけないですね

そこで、昨日は高速道路で20分程度のところに行ってきました。
最近高速道路で割引きがあったETCカードが、以前よりも割引率が悪くなり、
交通費がアップするようになりました。
だったら高速道路に載らなければいいじゃない!
と言う意見もあるかと思います(そもそもドライブに行かなければいいじゃない?という意見も)。

高速道路を使わずに帰ってこようと、昨日の夕方計画してみました。
それも途中で挫折。
なぜなら時間があまりにも掛かるから。
それくらいならだれにもわかります。
であ、コスト計算してみます。
高速道路を使って帰ってくれば、その区間は20分840円です。
一方、一般道の渋滞は激しく、少なく見積もっても3時間は掛かるだろうとみてました。
ゼロ円で3時間? であればいいかもしれませんが、実際には
・運転で疲労が蓄積する(既に日々疲労が蓄積している。最悪の場合、事故を起こす確率が増える)
・途中の食事や休憩が必要なる。予想外の出費の可能性あり。
・寝るのが遅くなる。子供たちにとって生活のリズムが狂うことにより、風邪をひいたり、学習への影響がでるかもしれないなど、1ヶ月単位の中期的な影響も想定。これが夏休み、冬休みだったら無視してしまうでしょう。
・大人も寝るのがあまりにも遅いと、翌日とんでもないくらい遅い時間に起床となるかも。
 そうなったら、折角の日曜日の半分以上が無駄になってしまいます。

こうなると、840円。およそ1000円以下の金額で収まるのなら、「お金で時間を買ってしまおう」という計算が成り立ちますね。

この計算は人によっては成り立つ人、成り立たない人もいるので、各自の想いで計算すればいいと思いますが、要は「時間を買う」ことの、1つの例としてわかりやすく取り上げてみたかったのでした。



posted by たかしゅんのサラリーマンパパ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常の節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。