2014年05月21日

日常の固定を圧縮する 電気代

こんばんは、たかしゅんパパです。
日付も変わり、ようやく仕事もひと段落して、そろそろ布団に行きたい気分全開です。

福島の第一原子力発電所が被災したあとは、誰もがご存知のとおり電気代がうなぎ上りになっています。
そして、ついには日本で一番電気代が高いと言われている沖縄電力の電力を東京電力が上回る勢いです。
東京電力管内で生活している人はいったいどうすればいいんでしょうか?
できることなら自然エネルギーに変えたいところですが、我が家もいろんな制約があって一切東京電力の供給から変更できません。
であるなら、できることはもう節電しかありませんね。

でも、これからの季節、エアコンが無いと過ごせない
冷蔵庫は止めるわけにはいかない
強制的に減らす方法としては
・アンペア数を落とすこれしか当面は無いでしょう。
我が家の場合は、もともと40アンペアの設定でした。
しかし、震災の3年間の2008年には既に30アンペアに落としていたのでした。
既にその時から節電を実践中でした。
あとはこまめに電力消費を少なくするしかありません。
1時以降はテレビは見ない。
エアコンも外が27度を超えてから。
などなど。まだまだやれることは遣り切らないといけません。
。ランキング参加中です。↓↓応援よろしくお願いします(._.)

人気ブログランキングへ
posted by たかしゅんのサラリーマンパパ at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月19日

日常の固定費を圧縮する 生命保険

こんばんは、週明けのラッシュが大幅に乱れ、大事な会議を遅刻した、たかしゅんのパパです。
備えあれば憂いなしのはずでしたが、30分前に到着できるよう、準備したのに、全て吹っ飛んでしまいました。朝からとほほです。

さて、人生もとほほ、とならないように、早めに準備をしたほうが良いのが保険、特に生命保険です。
あまり遅い年齢になってから生命保険にはいると、月々の支払いがかなり高くなるので、若いときに加入したほうがいい、のはわかってますが(え、初耳ですか!)、でもこれから加入したいけどなんとか安くならないのか。というお答えが次です。

年払いにする。
たったこれだけです。
じゃ、いったい、いくら?この答えが大事ですよね。
色々なサイトを探しても「割安」になる、とは書かれてますが、具体的な記載がありません。
では、自分のケースは、というと。。。
年間ちょうど50万円ほど支払ってました。
それが、3%安くなったのです。3%分=15,000円
たった15,000円かもしれません。
でも、もう10年以上継続しています。
つまり、15万円以上は節約したことにになります。
一時、まとめて3年間分支払ったこともありました。
その時は7%に相当していたので、3年間で35,000円
50万円を仮に月々支払っていたら、約4万円ですので、
3年間まとめ払いすることで、1か月分もただになった、となればお得だということが相当イメージ持てるんじゃないでしょうか?
もうちょっと余裕があれば、10年分まとめ払いしたいんだけど、それはちょっと無理だな。

ちなみに、月払いを年払いにしたら、途中解約できないので損ではないか?
という記事が見られますが、損なに急に自分(または家族)がすぐに死んでしまうからもったいない
と思っているような考えなら、そもそも生命保険にはいらなくなても結構です。はい。
。ランキング参加中です。↓↓応援よろしくお願いします(._.)

人気ブログランキングへ
posted by たかしゅんのサラリーマンパパ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月18日

日常の固定費を圧縮する 自動車保険

こんばんは。たかしゅんパパです。
そろそろ我が家では自動車保険(任意)の継続を迎えていたので、先ほどインターネットから継続の手続きを済ましておきました。
自動車を持っている人はだいぶ減ってきたようですが、それでも持っている人はいますよね。
持っている人の悩みは、「買う」よりも
「維持費に掛かる費用をどうするか」
で頭を悩ませていることでしょうね。

さて、そういう我が家も、前回クルマを購入(その時は初めての新車購入でした)したときに、
「何でこんなに自動車保険って高いんだろうか?」
という素朴な疑問でした。
しかし、その当時に、まだインターネットによる保険販売が始まったばかりで、クルマ屋さんが進めてきた保険(大手です)とどう違うのか比較する方法が無かったため、止む無くクルマ屋さんの営業がおすすめする保険に従ってしまいました。
その後、1年経って保険を継続する前に、最初に入った保険と、同じ条件でインターネット専業の保険にした場合、どれだけ差があるのか調べてみました。
・7人乗れる、3列シートのミニバン
・2000CC未満のファミリーサイズ
・通勤通学には使用しない。日常・レジャー用だけ
・運転者は30歳以上(本人とかみさんメイン)
・年間3000キロ程度の走行距離
・免許書はゴールド(関係あるのかな?)
・そして、10年以上も無事故無違反
この条件で、最初に契約したクルマ屋の保険約8万円が、
3万3千円まで下がりました。
(最初のクルマ屋さんの保険に、更に車両保険というものを追加した上です)
更に、インターネットで申込み、その上毎年インターネットで継続すると3千円安くなります。
最近では、追加のサービスとして、「保険証書」の現物を郵送するのではなく、自分で印刷するのであれば、更に500円割り引くことができますが、こちらはまだ試してません。

本当に安くしようと思えば今の時代であればまだまだ方法はいくらでもあると思うので、必ず情報を取り寄せて比較するというのが大事であることが言いたかったのでした。ランキング参加中です。↓↓応援よろしくお願いします(._.)

人気ブログランキングへ
posted by たかしゅんのサラリーマンパパ at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。