2014年09月07日

急な出費 医療費

こんにちは。たかしゅんパパです。
平日は連日仕事が激務だったため、この週末は自宅でゆっくりとくつろいでいます。

先週、会社に行っている間、なんと子供二人を揃って病院を回る事態が発生していました。
といっても、半ば予測できていたことなので、それほど慌てることでもありませんでしたが。

1人は、この夏、急な気候の変化により、鼻炎が発症(どうも、この手の症状は小中学校で流行っているようです)。
もう1人ももともと鼻炎でしたが、クスリがなくなったのとあまり効かないので、相談ついでに病院へ。
更に、足にできたいぼ(足裏をはじめ、いくつか点在する)を取るため、注射を打ちに。
そんなこんなで、ざっと5000円以上罹ってしまいました。
こんなことが今後毎月発生するとは思っていませんが、一応慌てないため、
・家には病院に罹るであろう費用を用意しておく。
・費用もだいたいの予算を把握しておく。
これだけの心積りをしておくだけで、多少は安心できますね。

一方で、こんな家庭が同僚におりました。
ちょっとした飲み会が予定されていたので、急きょコンビニでお金を引き出した。
(手数料が掛かる)
そうしたら、残額が1000円程度だった。
(まだ給料日までは半月あるので)
でも、それではカードが使えるから、なんとかなると思う。
(ほとんど自転車操業?)
病院に行くようなことがあれば、カードを使う。
(確かに最近はカードが使える病院が増えてきました)
でも、街中のクリニックなど、まだまだカードが使えないところも多いです。
そういうときはどうするんだろう!

つまり、心がけ1つで、心配にも安心にもどちらにも転びます。日々の安定にもつながります。
「備えあれば憂いなし」
大したことのないことでも、積み上げっていくと大きな差になって表れてきます。
ちょっとした心がけを忘れないようにしよう、と心にした一コマでした。
ランキング参加中です。↓↓応援よろしくお願いします(._.)

人気ブログランキングへ
posted by たかしゅんのサラリーマンパパ at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。