2014年07月27日

中国の期限切れ鶏肉問題って今さら。鶏肉だけではない他にも危険に満ち満ちて

こんばんは。たかしゅんパパです。
今日も暑くて、出かける気にもならず。
もう嫌になっちゃいますね。

何もかも面倒になって、食事も普段からジャンクフードに頼る。
そんな手抜きの生活に対して、しっぺ返しのような事件が
中国の期限切れ鶏肉問題ではないでしょうか?
今回は、ジャンクフードの代表格、マクドナルドが入ってますが、今までジャンクフードとはあまり言われていなかったコンビニエンスストアの鶏肉も対象となっていることから、コンビニ食も危ない、と消費者が思ってくれるのであれば、この事件がきっかけになればと思います。
ですが、往々にして、この手の事件は中国発では昔からあるので、「またか」となってしまうので、消費者は忘れてしまうでしょう。
気づいてほしいのは、食事の手抜きをすることで、将来健康に成長してほしい子供たちの健康が損なわれること。そして、この問題は鶏肉だけではなく、他の食べ物も同じような問題を抱えていることです。
残念ながら、そのような問題は表(マスメディア)には出てきてませんね。
だって、大のスポンサーだったりしますから。

例えば、マクドナルドのマックシェイク。
アメリカサイズと日本のとは違いますが、それでも日本のマックシェイクにはなんと
角砂糖が30個分も含まれている
という事実がありますが、そんなことは数年前からわかっていた話ですね。

片やコンビ二。
ほとんどのビジネスマンが1回はお世話になったことのあるコンビニ弁当。
そんな弁当が、量があるのに安いのは理由があります。
それは、添加物がいっぱい 
です。

報道には出てこないので、気が付かないことばかりですが、最近はSNS始めたくさんの情報が出回ってますので、自分で調べることができるようになりました。
それこそ自己責任、と言われそうですが、きっかけがないと調べられませんよね。
このような事件をきっかけに、是非自分の生活で疑問があれば、どんどんと調べて下さいね。

ランキング参加中です。↓↓応援よろしくお願いします(._.)

人気ブログランキングへ
posted by たかしゅんのサラリーマンパパ at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。