2014年05月25日

子どもに投資 自転車購入に厳しい店員の一言

こんばんは。たかしゅんのパパです。
いつも節約に関する話ばかりでしたので、今日は我が家でも投資をしていることを書こうと思いました。
が、しかし、、、無残にもその思いが散ってしまいましたのでした!

今日は長男の、中学進学に合わせ以前から欲しがっていた自転車を買いに行くことになりました。
もちろん、行く前には
・欲しいジャンル(息子の場合は、オフロード仕様で、ロード専門のアウトドアバリバリの自転車を希望)、
・高校生も乗るので、6年間耐える外観、機能。
・コスト比較するために複数の自転車店舗に1ヶ月間を明け足を運ぶ
・現在の身長と伸びると思われる身長を予測してサイズを絞る

とここまで絞るため、2か月掛かりました。
しかーし、複数相談した自転車やさんの店員さんからの厳しいことばは、
「今の身長で、希望する機種は無い」
今の身長だと該当する自転車が見つからない、ということでした。
中学のクラスの友達が既にオフロード向け自転車に乗れているのは、それなりに身長があるからでした。
我が家はちびっ子なので、あまり大きい自転車に乗るのは危険だという店員の判断です。
買える機種があることにはあるんですが、ジュニア向けのオフロードっぽいタイプはありました。「いかにも小学生向け」に見えましたし、身長が大きくなると自転車が小さく見えるし、中学校の間に2台買うことになってしまいます。

これから運動して、身長が伸びそうな「夏休み」まで、我慢させることにしました。
子ども向けだからといって余計な浪費にならないよう、子供も我慢が必要です。
ランキング参加中です。↓↓応援よろしくお願いします(._.)

人気ブログランキングへ
posted by たかしゅんのサラリーマンパパ at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。