2014年05月21日

日常の費用を圧縮する心がけ コーヒーもタダでも過ごす

こんにちは。たかしゅんのパパです。
今日は一転して気温も下がり、ホットなドリンクが手放せませんね。
という訳で、ホットコーヒーを飲んでおります。

さて、以前にもコーヒーの費用をかけないようにするにはどうするかを書きましたが、今日は該当するサラリーマン向けに努力して欲しいことを追加します。

それは、出張に行ったときにビジネスホテルに宿泊すると思いますが、部屋においてあるスティックのコーヒーは是非持ち帰ってきてください。
部屋にただで置いてある(と書いてあるはずな)ので、窃盗罪には問われません。
だいたい最低2本はありますかね。
ビジネスだけではなく、レジャーの場合、更に海外の場合も一緒です。
私は昨年、ビジネスの出張がたまたま多かったことと、部屋に置いてあったスティックが大量の部屋に遭遇したこともあり、なんと数か月で40本近く集めることが出来ました。
それを会社に持参してください。
さすがに給湯室が無い会社はほとんどないと思いますが、お湯さえ出れば「ホットコーヒーがただで飲めます」。
味?気にしてはいけません。
それを気にするから、コーヒーのグレードがあがり、日々のコストを圧縮してしまうのです。
余程のコーヒーフリーク以外の方は、是非チャレンジしてみてください。
誰も給湯室でのことは気にも留めてませんから。
(案外、同じようなことをしている人がいるので、意外と自分がびっくりするほうかもしれませんよ)
ランキング参加中です。皆様のご協力をお願いします。

人気ブログランキングへ
posted by たかしゅんのサラリーマンパパ at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常の節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/397542043

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。