2014年09月21日

人と会う 故きを温(たず)ねて新しきを知る

こんにちは、たかしゅんパパです。
天気予報の予報が外れて、好天の連休ですね。

最近のSNSの交流サイトが劇的に進化を遂げているからかもしれませんが、
同窓会が大流行のようです。

昨日は久しぶりの高校時代の同窓会(OB/OG会)があり、参加してきました。

久しぶりに会う人もおり、ドキドキものですが、それでも行く価値はあります。
普段、オフ会とか言って、新たな出会いをすることも多いですが、それよりも
故きを温ねて新しきを知る
ほうが、新たな出会いよりも重要だと思います。
それはなぜか?

新しい出会いは一見新しい何を知ることができるきっかけにはなります。
ですが、1回くらい会った人に、知見やその人の体験を知ることができるでしょうか?
また、仮に知り得たとして、深く理解ができるでしょうか?

それに比べて、高校時代、3年間(引っ越しなどがあったら3年以下になってしまいますが)
ともに過ごした同窓生、先輩、後輩など密にともに過ごした人とのほうがバックグランドを
心置きなく離せませんか?
高校卒業して、10年、20年、30年も経てば、1人だけでもものすごいバックグランドを持ってますし、
しかも余すことなく教えてくれます。対話のキョリもものすごい近いはずです。

再会にするときは同窓会参加費や2次会に掛かる費用もありますが、それらの費用を払ってでも
「もう一度、いろんな職種、業種、異なる価値観を知る」
ことができ、しかも今後も間違いなく付き合ってくれる。
こんな最高の場が他にあるでしょうか?


お金の損得ではなく、一生の生き方に花を添える宝物こそ、大事にする必要があるのではないでしょうか?
もし、同窓会のお知らせが来て、仕事や家事が入っていなければ、是非参加してください。
年取った時には、きっと悔いが残らないでしょう。

ランキング参加中です。↓↓応援よろしくお願いします(._.)

人気ブログランキングへ
posted by たかしゅんのサラリーマンパパ at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。