2014年07月29日

自分に投資:歯を残す

こんばんは。たかしゅんパパです。
この数日は、暫く会ってなかった人と再会して飲む機会が多く、有意義には過ごしてますが、
そのかわり出費もかさんでいます。

それよりも、この夏はボディメンテナンスをしないと、一気に老後が来てしまいますよ。皆さん!

この1ヶ月の間に、同世代と飲みましたが、久しぶりに会うとまずは容貌の変化に驚きます。
相手も多分驚いているかもしれませんが、まあ、イメージはわかれた時のままですから
お互い仕方ないですよね。

そんな中、超びっくりだったのは、既に初老では?
と言いたくなるように思ったのは、歯ですね。
それも、1本や1本抜けているのではなく、前歯が無くて、ものをあまりかめない状況になっていたこと!

これは歯医者に行って済む場合もあれば、済まない場合もあります。
抜けた歯を埋めるのは、なんだか医学で簡単にできそうですが、できないから年取ってから入れ歯の人が増えるわけです。
それを40代から経験する必要はないのですが。
治療が難しい理由の1つは「お金が掛かること」です。

部分的な入れ歯で、耐久性を考えず、非常にシンプルな場合だと、1万円から2万円くらいで済むそうですが、
耐久性も考え、審美性、つまりきれいに見せるためには、30万円以上も掛かるそうです
そんなことに30万円も出したくないですよね。

だったら、普段からメンテナンスをしておこうよ、ということになります。
歯医者は、虫歯になったり、痛くなってからいくだけではなく、予防だけでも行くことはOKです。

そんな利用方法を2年以上続けています。
予防の基本は、歯の清掃、歯垢は歯石を取ることですが、たったそれだけでも虫歯や抜糸を防げるなんて、
嬉しいですよね。
そして、50代、60代になっても、歯が残ってくれていれば、ますます将来の歯の治療にはお金が掛からない。

40代やそこらでボディメンテナンスをしたほうがいいとは、単に健康を維持するだけではなく、お金を掛けない点でも非常に重要であることが良くわかりました。
ランキング参加中です。↓↓応援よろしくお願いします(._.)

人気ブログランキングへ
posted by たかしゅんのサラリーマンパパ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。