2014年07月15日

国の後押し ジェネリック薬

こんばんは。たかしゅんパパです。
先々週に引いた風邪がようやく先週末に治ってきたようです。
冬はともかく、夏前のこんな時期に風邪をひくなんて、生まれて初めてじゃないかな。
身体が老化現象?やだやだ。まだまだ病院のお世話にはなりたくないですねえ。

入院とか、老化とか、そういった話じゃなかったです。
病院に言って、風邪の諸症状を告げると、なんとそのままクスリが登場。
その薬は薬剤師のいる薬局でクスリの説明を受けることに。
理由は???
ジェネリックにあったみたいです。
ジェネリック(後発品と訳されている!)と、そうでない、いわゆる正規品と、どちらを選択するか、
薬剤師が聞いてきます。
でも、聞き方は
ジェネリックでもよろしいですか?」
と聞かれたので
「Yes,I do」 
でもなく、
「はい、喜んで」
でも当然なく、
「是非そうしてください」
と答えてました。(こっちは病んでいるから、とてもジョークを言っている気にはなれない)

当然ですよね。ジェネリックのほうが安いんですから。
中には、後発ゆえに、効き目が「薄い」
と言っている人もいます。
実際にそうかもしれません。
でも、もともとが大病で、大量のクスリを必要としているわけでなく、
風邪を治すための(そんなレベルの)クスリですから、そもそもの調合がきつい場合もあります。

であれば、多少薄くても効くでしょう。
くらいの気持ちで臨めばいいのです(大きな病の場合はだめですよ。きちんと処方は聞いてね)

一体いくら安くなったのか、調剤されたクスリのリストには、正規品との価格比較が載ってないから
得したのかどうかもわかりません。
でも、安くなったことだけは確かでしょう。
今は治って、ぴんぴんとしてますから、クスリも問題無かったと思います。

ジェネリック、気にしなくてもいいかもしれませんよ。軽い病の場合なら。。。

ランキング参加中です。↓↓応援よろしくお願いします(._.)

人気ブログランキングへ
posted by たかしゅんのサラリーマンパパ at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常の節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。