2014年06月28日

同期入社の2人のその後の辿った道

こんばんは。たかしゅんパパです。
梅雨まっただ中の週末ですね。

金曜は、仕事でですが、新卒当時、一緒に仕事した同期に10年ぶりに会うことができました。
題名、早速ネタバレですが。
(あくまで仕事のために会いに行ったので、飲み会ネタではありません)

同期入社はもう20年以上も前ですが、出発点はなんとも非常に似ていたところがあったなあ、とその同僚と話をしていて思い出しました。
・年齢は同じ
・そのため、入社年度も同じ年。
・よって、もらっていた給料はほぼ同じ。
・体型は、身長は同じ、体重も、自分が59キロだったが、1キロくらいしか差が無かった。
・良く食べた。自分はあまりお酒は強くないが、同僚は結構強い。
・タバコは吸わない。
・週末は多少運動していた。週末出勤も結構あった。
・2人とも営業部に配属。
・バブル期だったからってわけではないが、超不規則。徹夜も当たり前。
・だから、残業代もほぼ同じ。最初の10年間の出世もほぼ同じ。だから給料もやっぱり同じ。

これだけ似通っているのに、今では本当に姿かたち、生活も変わってしまいました。
この20数年で何があったから、ここまで変わってしまい、今後はどう変わってしまうんでしょうか?

心がけだけでは差は生まれませんが、それにしてもえらい落差となって現れました。
ランキング参加中です。↓↓応援よろしくお願いします(._.)

人気ブログランキングへ
posted by たかしゅんのサラリーマンパパ at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。