2014年06月10日

価格破壊の上に成り立つ日常生活 本

こんばんは、たかしゅんのパパです。
怒涛の5月が終わり、少し時間が取れそうなので(というか、忙し過ぎて電車で座っていても起きていられなかった)、本を読むことができるようになりました。
といっても、毎日ではないですが、週に1冊読めると、なんか大きな進歩ですよね。
本当は週1冊。年間53週なので、年間53冊。
週2冊も読めると本当は年間100冊以上読むことができるんだけど。あ、読書術の話じゃありませんでした。

最近、余程のことがない限り、新刊本を買ったことがありません。
新刊が出てから3か月は我慢すると、もう中古本としてブックオフとかに出回ってくるんですよね。
今日も、まだ本屋さんで新刊コーナーに置いてある(もしかしたたらロングセラー??)の本を
ブックオフで見つけました。
・新刊本は、1年未満、少なくとも6か月以内であれば2000円が1500円くらい。
・1年経てば、半額の1000円くらい。
・そして、2年以上が経過すると、200円(税抜)か100円(税抜)

になることもあります。
本の種類、文庫や新書は100円になりやすいですが、単行本(分厚いハードカバー本)は必ずしも100円や200円にならないものもありますが、中にはベストセラーになった本であれば、100円で入手することができます。

でも、本の執筆者は大変だと思いますよ。
20年前だと古本と言えば神田古書街。
ここ以外では、街の古本屋さんくらいしかなかったのが、今はどこの街に行ってもリサイクル本屋がある。
もしなかったら、新刊を買うことになるので、執筆者に印税収入が入ってきたのに、それが無くなってしまう訳ですから。
しかも、その上、などでも簡単に古本が手に入る時代ですので、もう日本全国(もはや世界中かな?)安く手に入れることができるようになりました。
一番安く本を読むのは図書館ですが、手元に置いておくには(しかも長く)やっぱり古本ですよね。
良書が簡単に手に入るようになったので、買う方にとってはいい時代になりました!
でも、出版社は多くが統廃合し、中には倒産し、20年前の約半分強ですから、業界に携わる人も半分くらいに減ってしまうということですよね。
やっぱり、大変な時代なんだよ。

ランキング参加中です。↓↓応援よろしくお願いします(._.)

人気ブログランキングへ
posted by たかしゅんのサラリーマンパパ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常の節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月09日

日常の価格破壊 靴

こんばんは。たかしゅんパパです。
先週から一転、過ごしやすい涼しさですね。

さて、そろそろ夏を迎えるため、超久々に(4年ぶりくらいに)夏向けの靴でも買おうかな?とかんがえているところです。
まだ今の靴も履けるので、買わないかもですが(そうなると5シーズン、同じ靴を履いている)。
でも、この4年あまりで靴も大きき変わりました。
それは、ビジネスの靴でも、カジュアルでも、ウオーキングでもランニングでもほぼ共通です。
以前は、
「いい靴で1万円を切るようになれば、とてもお買い得かも」
なんて時期もありました。
10年くらい前ですが。
その後
「まあ、8000円も出せばいい靴あるよね」にお得感が更に深まったところでした。
ところが最近
「機能さえ満たせば、(税抜で)1000円を切る靴もある」
です。
これには超驚きです。
ウオーキングも、1000円しないものでも十分履き心地が良さそうでしたし、
革靴系はちょっと厳しいですが、それでも1980円で十分に機能が満たせる(幅広で疲れない。そして雨にも強い)ので、仮に失敗したとしても、あまりがっかりすることもありませんでした。
ほんと、10年前だと、1万円以上したのに、履き心地が悪いので、「あー、買って損した!」
なんてほざいてましたが、もはやそんな時代ではなくなりました。
我が家は靴置場がそれほどありませんし、専用に靴を置ける棚なんかも買おうとしてませんので、それほど多くの靴は持ってませんので、元々お金はかけてませんが、今後は更にお金を掛けることは無くなるでしょう。

ちなみに、今年、4年ぶりに買った冬用のカジュアル向け靴(シティー向け?)は2500円でした。
メーカーは、実は。。。ちょっと秘密です。ふふ。

ランキング参加中です。↓↓応援よろしくお願いします(._.)

人気ブログランキングへ
posted by たかしゅんのサラリーマンパパ at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常の節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月04日

日常の価格破壊 SDカード

おはようございます。たかしゅんのパパです。
昨日は北海道が軒並み35℃を超えるという尋常ではない暑さでしたが、世界の天候が尋常ではないことを物語っていますね。
我々の生活も尋常ではなくなっていることに、もうみなさんもお気づきのことと思います。

さて、そんな前振りをしておいて、とても細かくて、別にどうでも気にしなくてもいいかもしれませんが、

SDカード。

デジタルカメラやビデオに入れて、写真を保存するには最適なメディアの1つですね。
10年前は、SDカードやMicroSDカード以外に、もっといろんな種類がありましたが、規模の経済と標準化で結果SDカードが生き残りましたね。
今はクラウドサービスとSDカード、それにDVD当たりが生き残りをかけて戦ってます。
それはともかく、SDカードの進化は、とても目覚ましいものがあります。
記憶している限りでは,SDカードの価格
・2001年 初めて1GBタイプの大容量(今では小容量のため、売っていない)が2000円で特価販売。
・2014年 8GBタイプ、速度を表すカテゴリー4という、標準的なモデルで特価でなんと500円!

容量にして8倍、金額にして1/4。
この13年でコストパフォーマンスが32倍にもなりました!
これはありえない進化です。

でも、おかげ様で、デジカメの写真のデータだけでなく、今では映画などの動画も収まるし、いろんなことに使え勝手のいいツールにもなりました。
また、データ保存にもお手軽になった訳ですね。

一方で20年前のコンピュータ用の保存用ディスクは、1GBでもまだ100万円はしていた時代です(データが消えないようにするなど、いろんな施しがされてましたので、単純比較はできないかもしれませんが)。
それでも価格だけ見ればとんでもない進化。
そして、それで儲けていた当時のモデルはとっくに崩壊してしまっています。
SDカード、だけでは儲からないよなあ。
これで多くの人がこの20年の間に生活が変わったんだろうと容易に想像ができます。これもまた、1つの日常生活の破壊の1つです。

ランキング参加中です。↓↓応援よろしくお願いします(._.)

人気ブログランキングへ
posted by たかしゅんのサラリーマンパパ at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常の節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。