2014年06月26日

ボーナス支給 石橋をたたいて3年?

こんばんは。たかしゅんパパです。
今週はボーナス支給で、街中に飲み会に行っている人が多いのではないでしょうか?
この数年、繁華街に行って飲み歩くことはあまりしていないため、いったいどれだけ盛り上がっているのか、感触を味わったことがないので、さっぱりもって、まったく検討が付きません。

その一方で、とっとと家路に急ぐ人も増えている姿も見ています。
飲みに行って余計なお金なんて使っていられないってことでしょうか。

飲み会の話ばかりしましたが、買い物についても同じです。
この1年、安倍のミクスという幻想だけでなく、実際にボーナス額が増えている企業もあり、そんな方にとっては多少財布のひもが緩む時期でしょう。
・これくらいの買い物ならいいか。
・ちょっと奮発して買ってしまおう。
と言って、大物を買ってしまう人もいるんではないでしょうか?
その1つが、大物家電系でしょう。

本当に必要であれば、ローンを組まずに現金一気買いでも構わないと思います。
ですが、本当に必要なのかどうか、「石橋を叩いて渡」り、且つ3年待つことができるものかどうか
一度よ〜く考えてみませんか?

例えば、流行ものでいうとパソコン
今まではノートPCでしたが、最近はもっぱらタブレット。
確かに持っていればかっこいいですけど、去年ノートPCを買ってしまったら、今年はまだいらないのでは?
もう1年、いや2年待てば、もっといいものが手に入るはず
我慢できるのであれば、我慢してみてください。
または、液晶テレビ
リビングの真ん中に、既に40インチの大画面テレビが陣取ってませんか?
ワールドカップをやっているから、最新型のテレビで臨場感を味わうために、もう1台追加で買って、自分用にしよう、なんて思ってませんか?それ、本当に必要?
1台で、みんなで集まってみた方が面白いのでは?
ワールドカップが終わったら、もう見る必要がなくなって、本当は邪魔になるんではないの?
だったら、今回は我慢して、4年後に買うことにしてはどうでしょうか?
4年後には今の40インチのテレビの代わりとなるものが世の中に出ているかもしれません。
ちなみに、我が家が40インチのテレビです。その前はブラウン管テレビで、2011年に買い替えたので、「まだ3年」です。あと8年は見るつもりですので、次の次のワールドカップの時に買い替えですね(笑)

とこのように、本当に必要なのか、特に大物になればなるほど、本気で考えたほうがよいですよ。
ランキング参加中です。↓↓応援よろしくお願いします(._.)

人気ブログランキングへ
posted by たかしゅんのサラリーマンパパ at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常の節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月25日

ボーナス支給 使い方を真剣に考える時期

こんばんは、たかしゅんパパです。
今日はサッカーワールドカップ最終予選で、日本の試合がありましたが、負けてしまいましたね。
早朝からテレビ放映があり、早くから起きてみていた人も多かったんだろうな。
今の時間(夜9時台)はもう眠くて、既に寝ている人もいるんではないでしょうか?
パパは? まったくテレビも見ていませんでした。

この4年毎に侍いサッカーは予選を突破したり予選敗退を繰り返していますが、人生も同じようなものです。
ずっと勝ち続けることはできません。
景気にも左右されますし、収入や支出にも変化があるので、いつも同じお金を貯金したり、使ったりできる人は、もはや公務員でさえもいなくなりつつあります。
それだけ世界は大きく変動しているということです。

今まで、ずっと同じようにボーナスをもらい続けてきた人はたくさんいるでしょう。
業績も悪くなく、これからも同じようにボーナスをもらい続けられると思っている人もいるでしょう。
でも、本当に今後も今までどおりですか?

例えば、日本のトップ企業であるトヨタは、いつまでもクルマの販売でトップで居続けられるでしょうか?
もしかしたらあるとき、電気自動車を画期的に開発し、一気にガソリン車がなくなってしまうかもしれません。
携帯電話の業界であれだけ我が世を謳歌してきたフィンランドのノキアという会社が、いつの間にかiPhone要するアップルにシェアを取られました。
同じように、無料で通話できる携帯会社も急成長して、NTTが日本の通信業で1位で居続ける保証もありません。
JALも一度倒産しました。
公共のインフラで、電力会社が倒産しないと言い切れますか?
今はガスの会社が絶好調ですが、5年後もそうでしょうか?
市町村の合併が進んでいますが、役所の役人は同じ仕事を続けられますか?
これだけ世の中が変わっているのに、いつまで、自分の業界、自分の会社が大丈夫だと言い切れるでしょうか?
と散々脅しているようですが、そんな中でも新たな会社もできているし、世界に羽ばたいている会社もあるので、そのような会社に転職すれば、自分も会社と一緒に成長するかもしれません。
一時は大赤字に陥った日立製作所や、大規模リストラの代名詞だった東芝など、だれがこのような会社が世界に向って売れるかなんて、想像できたでしょうか?

で、結局何が言いたいかって?
今回もらったボーナスは、これで最後になるかもしれない、という覚悟で使ってほしい
ということです。
これからもっと稼ぐために投資してもいいです。
英会話とか、資格の取得とか、ありきたりですが、何もしないよりはましですね。
それに、家族の想い出を作るために、旅に出てもいいかもしれません。
一生の思い出に代わるものはないかもしれません。どんなにお金を出しても買えません。
または、全く逆に一切使わずに、来るべき危機(リストラや大不景気など)に備えるのでもいいでしょう。
漫然と使って無くしてしまってはなりません。
よく考えて使ってほしい。

ただそれだけなんです。
ランキング参加中です。↓↓応援よろしくお願いします(._.)

人気ブログランキングへ
posted by たかしゅんのサラリーマンパパ at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月24日

ボーナス支給 一切使わないと? 

こんにちは。たかしゅんパパです。
この時期はカラッと晴れてなくても湿度が高く、夜はなんとなくのどを潤したくなりますね。
水分補給は水で大丈夫!
アルコールの誘惑に簡単に乗らないようにしましょうね。

この季節、ボーナスが出ているサラリーマンが多いのではないでしょうか?
(最近、ボーナスが出ない会社も増えているそうですので、もらえるだけいいですね。
 私も決まった時期にボーナス出ません)
このボーナス、当てにせずに全部貯金したら、いったいいくら貯まるか、考えたことはありますか?
(私はありませんよ〜!定年なんて考えのない会社にいますから)
仮に22歳で入社して、30年後の52歳までは働けるとして、超簡単な計算式を作ってみました。
・22歳から10年間は、ボーナス20万円として、年2回。10年間の計算で400万円。
・32歳から10年間は、ボーナスが40万円に上がったとして、年2回。10年で800万円。

そして。。。
・42歳から10年間、最近はあまりボーナスの額も上がらないので、50万円として年2回、10年間で1000万円。
30年間で総額2200万円
になりますよ。
これって多い?少ない?
52歳になった時、この積みあがった額がこれだけあれば、もしかしたら田舎街で一戸建てが買えます。
日々の生活をボーナスに頼ずに生活していると、こんな考えもできるんですよね!

たかがボーナス。されどボーナス。
もう数年、10数年サラリーマンを過ごしてしまったら手遅れですが、
これから始めようという方は参考になりませんか?
ランキング参加中です。↓↓応援よろしくお願いします(._.)

人気ブログランキングへ
posted by たかしゅんのサラリーマンパパ at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常の節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。