2014年05月05日

ジャンクフード禁止 将来の身体への投資

できるだけ節約しようとしたとき、真っ先にやろうとおもってしまうが
日常の食事でしょう。

夜の宴会は少しでも減らしたほうがいいのはもちろん、
3食も減らして、食費を減らそうと考えてしまうのはわかります。
そうなるとどうしてもやってしまうのが
お金が掛からない、「ファーストフード」や「コンビニエンスストアの弁当・惣菜」
にして、少しでも安く上げよう、と思いがいくのは、ちょっと待ったー!

それは、今は安く済むかもしれませんが、将来的にはとんでもなく費用が掛かることになります。
1、ファーストフードやコンビ二食は影響が偏っており、健康に悪影響を及ぼす。
2.その結果、今はお金が掛からなかったとしても、徐々に体調不良を繰り返すようになり、
  先々で病院に通ったり、薬を飲んだりすることで、医療費を増加させることになります。
3.更に病気になってから体を何とかしようとしても、すでに基礎的な体力の減少や、病気からの
  回復に膨大な時間と労力がかかるため、気分的にもがっかりするか、あきらめてしまうことに
  つながります。
本当は、日々の食事に気を付けようと思いながら食事するのが一番良いんですが、日々考えることは
結構簡単ではないです。
だったら、最初からそんなことを考えなくても済むように、規則正しい食習慣を付けるのが一番手っ取り
早いです。

そんなこといっても、都会の生活や夜とても遅かったり、不規則だったり、思うほど規則正しい生活は遅れませんよね。
でも、少なくても、以下の改善だけでも効果はあると思いますので、将来(人によっては1年後だったり、50年後かもしれません)高騰する医療費にお金を掛けないようにしましょう。
1.ファーストフードは口にしない。
  できれば店に入らない。
2.コンビニで食べ物は買わない。
たったこれだけです。
これを実行しようとすると、確かに昼ごはんは多少高くなるし、時としてごはん抜きになるかもしれません。それでも、下手に身体によくないものを摂取し続けるよりは「まだまし」です。

そうはいっても急にゼロにはできない、という人がほとんどでしょう。
でも、今まで週に三日だった人は週に1回。月4回だった人は月に1回と、だんだんと減らしていくことに
挑戦してください。
そう、私も結構な利用者の1人でした。
スーパーでのまとめ買い。スーパーが独自に作ったお弁当など、少しでも切り替える方法は見つかるはずですよ。
ランキング参加中です。↓↓応援よろしくお願いします(._.)

人気ブログランキングへ
posted by たかしゅんのサラリーマンパパ at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。